グローバルメニュー
松本市島立の板橋整骨院は交通事故治療に特化しています
松本市の交通事故治療なら板橋整骨院

松本市の板橋整骨院なら
自己負担なく治療が可能です

交通事故治療は無料・転院・併院可能・相談無料です
むちうち治療・法律相談などは交通事故専門士が在籍している当院におまかせください

HOME | 慰謝料 ≫ 

松本市島立の交通事故患者様から
ありがとうが続々と届いております

むちうちなどで治療をした方の喜びのコメント
 
板橋整骨院のメディア掲載
ヘルモアランキング1位バナー

知っておきたい慰謝料の違いについて

交通事故に必要になる慰謝料ですが、実は色んな種類があります。
 
一般的なもので言えば入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料になりまして、また加害者に対して請求できるお金を広い意味で慰謝料と解釈する方も多いですけど、こちらは損害賠償となります。
 
損害賠償との違いを知っておく必要がありまして、損害賠償は上記の支払わなければならないものに加えて治療費用、入院雑費、休業損害といったものが加わります。
 
あくまでも一部ではありますが、全体的な意味で損害賠償です。
 
主に3つの種類がありますが、それぞれ怪我をした場合の入通院のためのもの、後遺症が残ってしまった場合のもの、死亡してしまった場合のものになります。
 
それぞれの特徴になりますが、交通事故に遭ってしまいますと入通院を強いられてしまいますので被害者は肉体的・精神的な苦痛が発生して、それに対する賠償になります。
 
長期間にわたる入通院は経験した方だと分かると思いますが必要以上の苦痛を感じますので迷惑料を支払うといった形と言えます。
 
金額の決め方は自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準と別れていて、それぞれ計算する必要がありますが、基本的には入通院を強いられた期間と怪我の程度と部位によって決定されます。
 
後遺症が残ってしまった場合ですが、交通事故による怪我により機能障害、神経症状が発生して残って場合に支払われますけど、これも症状によって大小があるでしょう。
 
例えば、むちうちの痛み、手足の痺れといったものは比較的軽微とされていまして、身体の部位が麻痺して動かなくなってしまったなどの大きな後遺症もあり幅広く意味を取られる種類です。
 
もし被害者が死亡してしまった場合ですけど、残された遺族に対して支払いをしないといけません。
 
亡くなった本人に対する額もですが、残された遺族に対しても支払う必要がありまして、分けて考える必要があります。
 
他の場合と違いまして、誰が亡くなったか、請求する遺族の近親者の人数や被扶養者であるかどうかも関係してきます。
 
慰謝料を決める時に大事になるのが自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準です。
 
どの基準で行なうかによっても変わりまして、自分が有利になる方法で行なうのか弁護士などと相談して決めていくことになります。
 
自賠責基準の場合ですけど、これは自動車を運転する場合は必ず加入する保険であり、交通事故が起こったら自賠責保険から保険金が支払われます。
 
誰しもが加入している保険になりますから3つの基準を比較した場合に最低限の基準です。
 
任意保険基準は自賠責保険では拾えない部分を補償するための任意加入の保険であり、自動車保険がこれに該当します。
 
万が一の時の場合に補償するものになりますから金額が高く設定されており、しっかりとした査定の元で支払われます。
 
弁護士基準は裁判所基準とも言われていまして、これまでの判例や裁判所の考え方を参考にして額を計算するものになりまして、客観的な視点で決めますので公平性が高いです。
 
また額を決まった基準も3つに分けられていますけど、額を計算する時に大きく左右される要素もいくつかあります。
 
まず一番重要になるのが治療のための入通院期間になりまして、入通院の期間が長ければ長いほど額は高くなりまして、当然ながら大怪我になるほど期間が延びますし、入通院のために付き添い人がいる場合も影響するでしょう。
 
交通事故の場合に最も重要であり、揉める要素でもあるのが過失の割合になりまして、過失割合の分を引いた額を支払うことになります。
 
怪我に遭ってしまった場合は、仕事に影響する場合がほとんどであり、治療が終わるまで働けないこともありますので休業損害が発生します。
 
仮に交通事故に遭ってなかった場合に得ることができた利益や収入がある場合も賠償請求ができまして、計算をしておく必要があるでしょう。
 
後遺症が残ってしまった場合も請求を行ないますが、整骨院などで施術をして治療が打ち切られたあとに後遺障害等級の設定をして、この数字が低ければ重い症状になりますから金額も当然高くなります。
 
具体的な計算方法は公には決まっておらず、弁護士基準でもそれぞれの交通事故の状況によって左右されますからケースによって変わります。
 
一般的に入通院の場合に支払う場合ですけど、自賠責保険で1日あたりの額が一律4200円と決まっており、これに治療期間を足した額が総額として算出されます。
 
休業損害でも1日つき5700円請求することが可能であり、後遺障害の場合も等級によって推定金額が存在します。
 
このように種類が存在していまして、支払われる金額も基準によって変わってきますし、額を計算する時にどんな状況であるかによっても変わってきます。
 
しかし、交通事故に遭った場合はしっかりと治すことが最優先になりますから松本市にある板橋整骨院のような評判の良い整骨院にいって治療していき、全般的にサポートしてもらうと良いでしょう。

板橋整骨院電話
交通事故治療の問い合わせライン

松本市板橋整骨院へのアクセス

交通事故治療専門院のフッター